BreezoMeter Mascot BreezoMeter Logo Text
Hamburger Menu Icon

BreezoMeterはどの大気汚染物質について報告していますか?

常に、私たちが呼吸する大気中には何十種類もの汚染物質が存在します。これらの汚染物質は、私たちの体やさまざまな人に、予測不可能な方法で影響を与えます。

BreezoMeterは、世界90カ国以上で最大17種類の汚染物質について、個々の汚染物質の濃度レベルをリアルタイム、履歴および予報で提供しています。 - これは世界人口の80%をカバーしています。

主要な大気汚染の有害物質

特定の国で報告する汚染物質の総数は、モデルに利用できる情報のレベルによって異なります。ただし、常にこれらの大気汚染の有害物質について報告しています。

オゾン

二酸化硫黄

粒子状物質2.5および10

一酸化炭素

二酸化窒素

花粉も大気汚染物質です

花粉は上記の例よりも大きな粒子であるため、扱いが異なります。 アレルギーの原因となる花粉は、主要な大気汚染物質とは異なり、自然界にも存在するものです。特定の種類の草、雑草、樹木から発生し、昆虫、風、水によって移動します。

敏感な人の場合、花粉にさらされると、目のかゆみ、くしゃみ、頭痛、鼻水など、よく知られた季節性アレルギーの症状が出ます。

coverage

大気汚染は私たち全員に影響を及ぼします

特定の汚染物質は、他のグループよりも特定のグループに影響を与える場合があります。 そのため、BreezoMeterでは、個人のプロフィールおよびリスク要因をもとに、個人に合った健康上の推奨事項を提案しています。

子供

妊娠中の女性

アレルギー患者

心臓病

喘息およびCOPD